ボロボロになりながら登り切った富士登山その3

息を切らしながらもなんとか8合目の山小屋に到着しました。時刻は深夜12時頃です。登山を始めてからすでに5時間が経過していました。ガイドさんから教わった呼吸法を守っていたののでなんとか高山病にならずに登れたのは良かったです。

とにかく汗だくなのでシャワーを浴びたい気分なのですが、ここは富士山8合目。そんな施設はあるわけがありません。この山小屋では食事休憩と仮眠をとり、3時間後には山頂に向けて出発します。

 

 

ただしかし、とにかく腹が減った。。。山小屋で荷物を下ろすと食事を貰います。私たちはツアー参加だったため山小屋でも軽食が出されることになっていました。開け見るとおにぎりと卵焼き、それからウィンナーが入っていました。夢中になっておにぎりにかぶりついたのですが、まあおいしい。お米ってこんなにおいしかった??と心の底から思いました。それだけ私の身体は疲れ切っていたのです。

ものの5分でお弁当を食べた私はそれだけでは物足りず、カップ麺とコーラを買うことにしました。富士山で食べるカップ麺は本当に格別。また甘いコーラも体中に染みわたりました。

ご飯を食べたら仮眠をとります。寝れるのはわずか2間程度。寝返りも打てないような宿舎でみんなで川の字になって横になります。普段であれば絶対に寝付けないような場所ですが、今は別です。身体が疲れ切っていたのでものの30秒で夢の世界に入ることができました。

2時間経過。

完全に身体は寝ていますが出発の時間です。これからあと3時間かけて山頂を目指します。不思議なことに身体は意外と元気でした。もうすぐゴールだということが分かると足も軽くなります。今までの疲れはふっとんでどんどん足は前に進みました。曇り空だった山頂付近もだんだんと晴れてきてきれいな景色が広がるようになってきました。

山頂到着。

とにかく絶景です。こんな景色は今までみたことがありません。そして澄んだ空気が気持ちいい。身体の中の悪いものがすべて外に出ていくような感じでした。

富士山に登る前は本当にどうなることか、、、と思っていましたがなんとかなるものです。実際下山する頃には身体も精神的にも疲れ切ってしまいましたが、ゴールした後は本当に清々しい気分になることができました。

富士登山最高です。

PS.富士登山は圧倒的に下山がキツイです笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です