ボロボロになりながら登り切った富士登山その1

1年前の話になってしまうのですが、人生で初めて富士登山に挑戦しました。普段はほとんど運動をしない私なのですが、たまたま会社の先輩に誘ってもらい、何事も挑戦!と思い登山にチャレンジしてみることにしました。

普段運動をしていればまだいいかもしれませんが、私は散歩や簡単なストレッチしかしません。それも週に1、2回程度、、、がっつり身体を動かしたのは学生以来ではなかろうか。とにかく不安でいっぱいだったので富士登山経験のある先輩にもろもろ聞いてみることにしました。

 

 

結論からいうと今回上るのは富士登山コースの中でももっとも簡単なコースで、小学校の低学年でも軽々と登れるとのこと。しかし登山時間は上りで約7時間、下りで約4時間となかなか気合が必要ということも分かりました。

富士登山ときくと大きなリュックを背負って、服装も分厚いジャンパーを着こむイメージがあったのですが、全然そんなことはありませんでした。リュックに関しては25リットル程度でいいし、登山中は寒さよりもどちらかというと暑いらしい。なのであまり着こむ必要もないことも新しく分かりました。

いろんな情報を入手した私は近くのスポーツ用品店で登山用品一式をそろえて人生初の富士登山に挑むことになるのです。

富士登山はツアーで行くことになりました。

私たち会社のメンバー5人以外にも20名くらい参加者がおり、中には70代くらいのご老人もいました。失礼ながら「え?こんなご老人でも登れるの?」と思ってしまいました。

3時間程度バスにゆられると富士山のふもとに到着。ここから5合目まではバスで移動するそうです。

ふもとからさらに30分程度進むとようやく山小屋や登山口が見えてきました。登山シーズンというのもあり、駐車場には30台を超えるバスがずらり。着替えや食事がとれる山小屋も人でごった返していました。

びっくりしたのは外国人観光客の多さ。半袖半パンで登る猛者もいました。

 

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です